人々の動きをつかむ展示会デザイン

展示会は多くの人々が見学することができる大きな会場で行われることがあります。

そうした場所では次から次へと人々がブースを通り抜けます。

したがって、人の流れに乗って混雑する会場でごく短時間の見学しかしにくい状況も考慮に入れておくことも大事です。


その場合には端的に商品のポイントが一見してわかるようなデザインと装飾が求められます。訪れる人々の動きの方向と速度に合わせて、展示会装飾やその他のブースの展示物が順番に理解を助けるように配置されているか事前に十分なチェックがいります。



これは会場に訪れる人々の数や時間でも違いが考えられます。


最も混雑しているときには、最小限の情報や、伝えたいことが明確なものだけ掲げるという方法もあります。

Yahoo!知恵袋の情報検索ができます。

このような臨機応変な対応も大切といえます。


そのような人の動きがあらかじめ予想されるときには、可動できたり配置を変化させられるデザインを取り入れることも一案でしょう。



パネルを取り替えたり、配置を変化させたりしやすいようにデザインしてもよいでしょう。

その場合ライティングなども十分注意を払います。人の流れがそれほど多くない場合には、訪問者をよりブースに近づけられるように、イベントや配り物をするなどしてなるべく商品や展示内容に近づいてもらえるように仕向ける活動も大切ですし、そのような装飾物もあらかじめ準備しておくとよいです。
こうして人の流れに応じて、展示会のデザインに柔軟性を持たせて動きに即応できるようなデザインにしておくとよいでしょう。